ヒット商品の電動アシスト自転車は凄く便利

通勤や買物のときに使えるヒット商品の電動アシスト自転車は幅広い世代で人気があります。普通の自転車を毎日乗っているとしんどいですが、電動アシスト自転車は少ない力でスイスイとこげるので楽なのが大きなメリットです。特に大きな荷物を運ぶことが多い人達が電動アシスト自転車をよく使っています。年を取ってくると体力が落ちてきますが、電動アシスト自転車を使えば体力があまりない人でも問題ないです。

電動アシスト自転車は止まった状態からスタートさせる時の力があまりいらないのですぐにスピードが出るのが特徴です。スピードが出すぎることに不安がある人がいますが、電動アシスト自転車はスピードに限度があるので大丈夫です。坂を普通の自転車で上ることには非常に力がいりますが、電動アシスト自転車ならばかなり少ない力でも坂を上れるのが利点です。坂が多い場所に住んでいる人に電動アシスト自転車をおすすめできます。電動アシスト自転車は家のコンセントで簡単に充電できるのも使いやすいところです。

アンカー商品はなぜ「ヒット商品」になるか

「Anker PowerCore Fusion 5000」というアンカーのモバイルバッテリーがなぜ「ヒット商品」になったかでお話させていただきます。
まずこのアンカーモバイルバッテリーの最大の特徴、バッテリーに直接折りたたみコンセントが付いている点です。今までこのようなバッテリーはありませんでした。
例えばカフェに行ったときコンセントに直接繋げればiPhoneやiPadを充電できます。そのあと、コンセントに付けっぱなしにすれば、モバイルバッテリーを充電してくれます。
そして値段もお手ごろだったら、売れない訳がないですよね。

 

このような「ヒット商品」を出すことによって、アンカーのブランド力も上げますし、どんどん新製品も発表しています。
「Anker PowerCore Fusion 5000」に関しては2018年7月現在、3色も展開していて全部の色を揃えるという強者も現れています。
売れる商品のカラー展開をすることによって、商品のブラッシュアップも成功しているように感じます。
このように、ある商品にひと手間付け加えた商品は今までにない価値を生み出し「ヒット商品」になることがあると感じています。

責任が大きいのでやりがいがある法人営業

法人営業は個人の努力と工夫次第で大きく稼げる素晴らしい仕事だと思います。私は法人営業をする前は別の仕事をしていたのですが、辛くてしょうがなかったんです。なぜかというとやりがいを感じることができなかったからです。私は自分で努力すればするほど給料が上がる法人営業の仕事に魅力を感じたので法人営業をする仕事に転職することにしました。法人営業は契約が取れないときは辛いのですが、自分の力で契約を取れたときには非常に達成感があります。私はいろいろな仕事をしてきましたが、法人営業ほどやりがいを感じることができた仕事は他になかったです。法人営業をするようになって私が最も得意になったのがテレアポです。テレアポでターゲットの企業にアプローチをかけることで、交渉するチャンスを掴むことができます。法人営業で多くの契約を取るためには新規開拓が上手くできるようにならなくてはなりません。新規開拓は非常にしんどい作業ですが、スキルを上げることで面白いように契約を取れるようになります。

マーケティング部門との考え方の違い

法人営業の効率化を目指して仕事をやっていて、私が苦労したのはマーケティング部門との連携です。

特に私が苦労したのは、私は私なりに考えて営業をしようと思っているところにいきなり
マーケティング部門の方からこういう風にしろという風に指示が出されるという事が多々ありました。

それで上手くいくならまだ納得はいくのですが実際はマーケティング部門の指示に従ってやっても
上手くいかないです。そして、マーケティング部門は自分とは関係ない事を良い事に無茶なやり方を勧めてきます。

その中でも私が一番萎えたのがポスティングをする時にアンケート方式でこちらにコンタクトを取らせて、そのアンケートに返してくれた人に数百円の景品をプレゼントするというものでした。

これが萎えたのはその返ってきたアンケートの景品の代金をポスティングした担当者が負担するという点でした。これではいくら新規の顧客を取る事ができても全然嬉しくないという悪循環になるからです。

法人営業で成果が出る確率を上げるコツ

法人営業で大切なのは偶然に頼るのではなく、効率化を考え、確率がいい方法で営業をすることです。確率がいい方法で営業をすることです。時間は限られているので、なるべく確率が高い方法で法人営業をすることは賢い方法です。

例えば、契約してくれる可能性が少しでもある相手を優先して積極的に会うようにして、逆に脈があまりなさそうな相手とはなるべく会わないようにすることが確率をアップさせるためには大切です。私は以前は、多くの法人に対してかたっぱしから営業をするようにしていたのですが思うように結果が出ませんでした。

そこで、事前にリサーチをしっかりして成果がでる可能性が高いか判断をして営業をするようにしたところ、以前より結果がでるようになりました。やはり情報を集めることは法人営業では非常に重要だと実感しました。

また、相手との人間関係を築くことも大切で、なるべく相手との距離感を縮められるように話すといいです。顧客によいイメージを持ってもらえるように礼儀正しく振る舞うことも欠かせないことです。

営業の件名管理をしっかりと行うこと

営業の仕事をしていると、常に売上のノルマがあり、その月の計画画達成するかどうか、見通しを出さなければなりません。
月初に申告したノルマが達成しなかった時は、とても辛い思いをします。
その中でも、法人営業をしている人は、売上のための件名監理がとても重要になってきます。

今月の売上は管理している件名リストの中から組み立てて行かなければなりません。
そのためにも、自分が推進している件名がどれほどあり販売が見込めるのか?

自分の販売計画を達成するために、まだまだ案件が少なすぎたり、十分な件名を持っていたりと、件名リストが自分の大切な財産になります。リードナーチャリングにもつながります

一方で、販売すべき商品の在庫も意識しておくことも出てきます。
せっかく苦労して貰った注文書なのですが、製品の在庫がなくて、指定期日までの納品ができないというケースも少なくありません。

常に生産工場に在庫を切らさないようにするためには、営業の件名リストが貴重なデータベースとなってきます。
自分1人のリストだけでなく、他営業マンのリストもまとめて業務と連携しながら、製品を作り在庫を持たせておくオペレーションが組織ぐるみで必要になってきます。

営業職で勝つには精神論が重要な事となるのです

営業職として大変重要な要素は多くの方が当然ですが知っているようにノルマ等に負けない強い精神力を持つ事ではないのでしょうか。このようなノルマをいかにして克服するかは大変重要な意味を持つのです。

 

自分の好きな仕事をする中で営業として多くの売上を上げる事は大変重要な事となるのです。しかし、日々数字の課題を突きつけられる営業職には普段から大変多くの精神的、肉体的な負担がかかってくるのです。

 

このような中で営業職として勝ち残っていくには強い精神力が重要なファクターとして要求されるのです。素敵な営業マンとして強い精神力の中で勝ち残っていくにはやはりこのような方法で素晴らしい営業成績を維持する事が重要な事となるのです。

 

法人営業の効率化に強い営業マンはこのようなノルマに打ち勝つ程の強い精神力を持つ人間の事を言うのです。是非、素敵な営業マンとして売れるノウハウや何事にも負けない強い精神力を持つ事が重要な事となるのです。

 

素晴らしい人生の為にはこのようなノウハウや精神論を持つ事が重要な意味を持つのです。

営業は普通のあいさつから入りましょう。

大型家電量販店の店舗内に入り、インターネットの回線契約のための営業をしていました。

 

インターネットをするにはパソコン等が必須なのでパソコンについても営業をかけていました。ただ、パソコンは家電量販店の商品のため、声をかけていつもダメだと家電量販店のスタッフからもう声をかけるなと言われてしまいます。

 

私はそう言われることなくパソコンやインターネットを販売することができたので私が気をつけていたことを紹介します。

 

1番気をつけていたのは最初の声のかけ方です。いらっしゃいませと言うと相手が警戒してしまうので普通のあいさつをしていました。お昼ならこんにちは〜という感じですね。

 

お客様はいらっしゃいませと言うとこちらを見ずにそそくさと逃げることが多いのですが、普通のあいさつだとこちらを見て応えてくれる確率がグンと上がります。カンタンなことですが見込み客のナーチャリングの典型です

 

こちらを見てくれたらしばらくはできるだけ質問せずに話します。すぐに質問しちゃうと買うつもりはないのでと言われて終わってしまいます。逃げるタイミングを与えるようなものです。

 

見ていた商品について説明をし、へ〜などと興味を持ってくれたところで初めて質問をします。そこまでの話し方もガツガツせず、自然体で話すように気をつけていました。周りの営業仲間からはダラ〜っと話すよねと言われるくらいでした。

 

これらのことを気にしていたおかげか県内トップの成績を何度も取ることができました。

 

ちょっと電池買いにきただけなのにパソコン買っちゃったなんて言われたら内心ガッツポーズです。