私は現在30才の不動産仲介の営業マンです。
顧客はBtoBなので法人がメインですが、ルート営業だけでは無く新規の開拓がほとんどです。
なので法人営業の効率化が喫緊の課題です。
実は私は以前は営業職ではありませんでした。新卒から小売業の販売員として働いており
営業職に就職したのは新卒から5年経った後、初めての転職で営業職になりました。

それまで営業経験の無い私は、新人OJTを通して29才で初めて営業職のイロハを学びます。
実はそんな私も現在は支店の営業成績TOPとなるまでの営業マンになりました。
新人の営業マンでも売上さえ上げられれば、周りを納得させられるし、給料にも反映されるのが営業という仕事の醍醐味です。そのためには既存顧客のサポートはもちろん、新規開拓を
積極的に行わないといけません。新規開拓は飛び込み営業をメインに行いました。

もちろん飛び込み営業は好き嫌いがあり、嫌いな人は全く相手にされないし、一日に何軒も行っても辛いだけで本当にやりたくないという人も多いでしょう。
結果だけを求めるとこれは辛いかもしれませんが、名刺交換が出来た、担当の名前が聞けた、これを一つのゴールとして捉えると飛び込み営業も辛くは無いかと思います。

飛び込みしてすぐに顧客になることはありません。あったとしたら、それはすごくラッキーなのです。少しでも何かきっかけになる、そこから通って実際のニーズが発生した時に自社の商品を売り込む。こうゆう関係を作れるのが飛び込みです。

また、既存の顧客ではないので、会社としても新しい売上です。
現状に満足していては守りは出来ますが、会社として売上を伸ばしていくことは難しいです。
新規開拓をどのようにするかがどんな会社でも大切だと思うので、是非積極的に取り組んでほしいです。

こんな私が営業職が天職だと思う時は、色々ありますが自分のスケジュールで仕事を出来ることです。会社から決められた形でルートで回る人もいると思いますが、売上を上げれば何をしてもいいのが営業職の面白いところです。売上を上げるために考え、サボる時は手を抜く。結果がすべての仕事は私には天職といえると思います。

PR|クレジットカードの即日発行じゃけん|アフィリエイト相互リンク|英語上達の秘訣|生命保険の選び方|マッサージのリアル口コミ.com|童話|心の童話|健康マニアによる無病ライフ|JALカード|家計見直しクラブ|工務店向け集客ノウハウ|GetMoney|サプリメント|お家の見直ししま専科|貯蓄|SEOアクセスアップ相互リンク集|